梅雨の時期に入ると痛みが増すのは何故?

コリアケア並びに美活の女神の鈴木です。

日本はこれから梅雨の時期になりますが、韓国も来月から梅雨の時期に入ります。

皆さんは梅雨の時期っていかがお過ごしでしょうか?梅雨時期は雨が続いてジメジメして嫌だな~とお思いの方もいらっしゃるかと思います。わたしは梅雨の時期は特に注意することがあって(例えば、雨が降って夜の暗い中でのドライブって特に歩行者には気を付けないといけません。ただでさえ見通し悪い上に特に黒い傘さして歩いている歩行者なんかは道と一体化して非常にわかりづらい事もあるからです。)でもこの時期に雨の恵みがないと水不足で困ってしまいますしね。。だからいっそファッションなんかも工夫して雨対応ファッションにしたりするんです。バックも雨対応にします。私はかわいいトートバックを防水に切り替え、レインコートも赤にしてその際はショートレインブーツに!あるいはレインブーツをそれこそショッキングピンクにしさっそうと街を快活に歩きます。そうするとお出掛けするときも愉しめますよ。

私思うのですが、韓国の雨と日本の雨を比べると韓国の雨粒の方が大きいと思うんですよ!!最初韓国に来てから気のせいかと思っていたのですが…なんだか雨も激しいし雨粒も大きいしこっちの梅雨の方がしつこいって思ってしまいます。
気象庁の方どなたか解説して頂けませんか?(笑)

本題に入ります。先日あるお客様からダウンタイム中に冷たい風や雨が降りだすと痛みが走るのですが…どうしてですか?との問い合わせがございました。

天気痛と云うのがあるのを聞いた事があります。例えば昔よく祖母が「明日雨だわ~」と言っていました。腰の痛みで明日雨が降るのがわかるらしいです。(笑)そして祖母がそう言うと天気予報のように100%翌日雨が降るので不思議だな~と子供ながらに思ってました。

痛みと天気の不思議な関係は古代から言われてまして古代ギリシャ時代にもその概念は存在していたといいます。
この分野でも盛んに研究が行われております。

痛みは影響するのは気圧の変化が原因です。外部の気圧が低下すると関節が膨張し、痛みが出ます。
要するに気圧の低下で血流が悪くなり、交感神経が刺激されるからです。
同様に飛行機に乗った時に痛みが走ったり、富士山の頂上に近づくと頭痛がするのも気圧のせいです。

ですが、痛みすべてが天気のせいではありませんので痛みが続く場合はまたご相談下さいとお返事致しました。
ダウンタイムはお客様からお写真を頂き担当医師にも報告し、順調でしたのであとは回復を待つばかりです。

ダウンタイム中はやきもきするかもしれませんが、そこはグッとこらえて回復を待ちましょう。
そしてあまり頻繁に鏡を見ない事です。気にするともっと回復が遅れるようです。

コリアケアではダウンタイムを上手く過ごすコツなんかもアドバイスしております。

お問い合わせは、コリアケアまで!!

:korea-care

asuka0723@naver.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です