インプラント膣整形はコリアケアにお任せ!

さてさて最近2016年と2017年の世界的な美容整形のトレンドは、女性器関連との統計結果が出ております。お顔やボディの後は次は女性器のメンテナンスとなるわけです。

コリアケアにおきましてもお一人で悩みを抱えてカウンセリングをお受けになられるパターンが増えております。

特に30代、40代の方は

  • おトイレに掛けこむ前に尿漏れが起こる。
  • 入浴時にお風呂の水が膣に入る。
  • おトイレが近い。
  • セックスレス
  • セックスライフに自身が持てない。
  • よくわからないが出産後に膣が緩んでいる気がする。等です。

膣の緩みは多くの女性にとってかなり真剣な悩みであることがわかりました。切実です。

私自身美容整形に携わってなければ膣にレーザーやフィラーはおろか膣の整形なんて立ち停まって考えることもなかったかもしれません。また、出産を経験していない若い方でもデスクワークなので骨盤が緩み膣の締まりがどんどん悪くなっている現象もあるという事もわかってきました。しかも、膣の締まりはどんどん悪化すると子宮が飛び出してくる骨盤臓器脱(子宮脱)にも発展します。深刻な問題であります。

コリアケアからご紹介する膣の縮小術ですが、主に日本でよく行われている美容外科では膣の入口のみを縮小する手術するようですが、この手術法ですと根本的な解決にはなりませんし、膣の中自体を狭小することで解消されるインプラント膣整形でないと満足されないはずです。

★インプラント膣整形とは?

インプラント膣整形は膣の粘膜を最小限の切開でインプラントを挿入し膣の弾力を高める手術です。と同時に膣腔を狭めて膣の内壁にシワを形成し、収縮した膣の粘膜の刺激で性交渉の際の性感を高める手術法です。

往来の膣の切開での膣整形術とは異なる膣の弾力でオルガズムを導きます。また、インプラント膣整形は組織の切開はなく最小限の切開のみで膣腔を狭めて弾力を維持するのでダウンタイムが早く痛みもありません。膣タイトニング手術法として確立されております。

上の図はインプラント膣整形のビフォーアフターです左側が施術前で緩んで広がっている膣の内腔です。右側が術後でインプラント膣整形で弾力と狭くなった膣の内腔です。

 

このインプラント膣整形ですが、韓国で安心して受けて頂ける病院は限定されております。インプラント膣整形はどこの婦人科でも受けられるものでもありません。

尿漏れが気になる方は、他の手術法がまたございますのでこちらをお勧め致します。

コリアケアではこのインプラント膣整形の分野において著名な院長で症例数が多い病院のみご紹介しております。インプラント膣整形の手術法を確立されたいち早く広めた院長です。先日もアメリカ、中国、マレーシア、シンガポール、日本の神戸のレディースクリニックの院長も研修に来られている病院の院長が担当にあたります。

お問合せはコリアケアまで!!

  ID: fashionclub0723   E-mail: asuka0723@naver.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です