今年の美容整形のトレンド…

クリスマスも終えて(ちなみにコリアケアは、クリスマスは全州で過ごしておりました。(^^)温泉やウォーターパーク、全州韓屋村で楽しく過ごしていました。)

2017年を振り返ってみます。
2017年も沢山のお客様がコリアケアを通して韓国で美活をされました。有難うございます。

今年の傾向としてお顔のみならずボディの問い合わせが増えました。特に女性器についても問い合わせが増えたのが特徴です。
そして問い合わせのみならず実際に美活を受けに来られております。

今回はボディでも膣縮小についてスポットをあてていきます。
女性器でも膣縮小は、最近の女性のお悩やみの一つである膣のゆるみと関連しております。

膣のゆるみは、出産や加齢など、さまざまな原因で起こります。加齢とともに筋肉が緩んできますので骨盤周りの膣や肛門周りの筋肉も同じように緩みが生じてきます。また妊娠すると、出産に備えて子宮口も広がってきますし膣も伸びやすく柔らかくなります。出産時は赤ちゃんが膣壁を押し広げて出てくるため、膣の筋肉が伸ばされた状態になり、産後、膣のゆるみが生じてしまいます。
これがまた、一度緩んで締まった膣は、筋力トレーニングやエクササイズでは、なかなか引き締めることができません。

奥さんが妊娠時に旦那様が浮気されたとの話を聞いた事はありませんか?これはとても許される状況ではありませんが、特に↑のような状況だと
膣が緩むと男女ともに性生活への不満から納得できる話ではあります。

また、膣内に空気や水が入ることで、ニオイや色のついたオリモノが出る細菌性膣症の発症につながることもあります。

結構な割合で女性器に関するお悩みを婦人科での内診が億劫な方もいらっしゃる様ですが、何か異常があると思ったらかかりつけの婦人科はもっておいてください。

来年早々に膣の縮小関連のキャンペーンはスタートしますのでご期待下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です